Neverwinter Nights ShadowGuard 〜その3〜 暗殺者

暗殺者 謎の魔法使い Tavernから外に出ると、突然何者かが現れた。 そして皇帝に敵対する演説を始めた。近くにいたHarkonという男が止めようと駆け寄ったが、魔法であしらわれた。その後、何もせずに去って行った。現れた […]

Neverwinter Nights ShadowGuard 〜その2〜 町に潜む奴隷商人

奴隷商人 Markiusとの出会い 卒業式の時に、Jarvis先生から話しかけるようにと言われていたMarkius。ShadowGuardという帝国のエリート集団の一員だそうだ。一体僕に何の用があるのだろう?そろそろ話し […]

Neverwinter Nights ShadowGuard 〜その1〜 卒業式

ここはどこだろう?目の前にはThe Eternal Spiritという生き物?が。どこか違う世界へ送り込まれ、僕はそこで新たな人生を送ることになるらしい。 自分で言うのもなんだが、僕はNeverwinter Nights […]

Alone in the Dark 1 〜その7〜 地下へ、そして…(完)

地下 地下に降りるとポリゴン板でできた橋。落ちる奴だよね。走って渡れってことだよね。 はいはい、走りますよ。 渡り終えると、また体内のような洞窟。 歩いていくと、別の穴に変な生物。これ、ワインセラーから潜り込んだ時に出会 […]

Alone in the Dark 1 〜その6〜 再び1階へ

再びの1階 1階には鍵がかかった部屋がいくつかあった。Jeremyの寝室でゲットした鍵がどこかで使えるかも?再び1階へ降りる。 Cellar そのついでに階段のそばにある鍵のかかった部屋に入ってみた。調理場の小部屋で見つ […]

Alone in the Dark 1 〜その5〜 再び2階へ

再びの2階 奥の廊下 再び2階へ戻ってきた。以前2階で、インディアンの絵が矢を撃ってくるような妄想にかられた。 そんなことあるはずないのだが…しかし、1階で見つけた矢を撃ちこめば、この妄想もなくなるのではない […]

Alone in the Dark 1 〜その4〜 1階

一階 緑のある部屋 階段を降りて、左側の部屋に向かう。向かって正面の扉は鍵がかかって入れないので、右の扉を開けて中に入る。 何か、芸術的な香りがする部屋だ。この恐怖の屋敷の中にあって、オアシスのようだ。 象のところから弓 […]

Alone in the Dark 1 〜その3〜 2階

2階 2階に降りてきた。と同時に正面の扉が勝手に閉じた。鍵がかかっていて入れない。すぐ横には騎士の像がある。これは絶対触れてはいけない奴。触れると動き出して襲ってくるに違いない。動きそうなやつはポリゴンなので探偵の勘で大 […]

Alone in the Dark 1 〜その2〜 3階

3階 物置 3階に降りるとそこは物置だ。 弓が置いてある。取っておこう。 オイル缶もあった。ランプに注ぎ、空になった缶はそこに置いていく。 廊下 物置を出ると廊下だ。4つの部屋と突き当たりに扉がある。 廊下の床板が少しお […]

Alone in the Dark 1 〜その1〜 屋根裏

仕事の依頼 俺の名はCarnby。いつも請求書に追い立てられている、しがない探偵。郵便受けに入っている手紙はどうせ脅迫状か請求書ばかり。そんな俺の元に仕事を依頼してきた人がいる。依頼主は古物商のGroria Allen。 […]