第4回 福岡・博多湾アクアスロン大会

第4回目となるこの大会。一昨年申し込んだのですが、大会が中止。

昨年は申し込まなかったので、今年初めての参加です。

大会の舞台は福岡市早良区の愛宕浜。私は近所なので自転車で行きました。よくジョギングでも走るコースで、近いだけに朝ゆっくりできるのがいいです。ちょっと緊張感には、欠けてしまいますが。

まだ朝日がまぶしい東のほうを見ると、室見川の向こうにYahooドームと福岡タワーが見えます。

この大会は、日本国際オープンウォータースイミング協会の主催で、ショート・ロング・リレーに分かれています。私はロング(スイム1.5km、ラン10km)に参加です。

レース前

受付は9時までです。まずは誓約書を記入して、受付に並びます。結構並んでました。ゼッケン・チップ・スイムキャップをもらいます。参加賞はエコバッグ。

9時からは20分間ほど事前に海に入れます。で、入ったのですが、まだ水が冷たい…今日の水温は19.5℃だそうです。もちろんウェットスーツ着用、フルです。

それから、みんなでごみ拾い。

そして、レースの説明があってから、ショートの部が10:00からスタート。ロングは11:00スタートなので、ショートのレースを観戦します。

レース中

11:00が近づいてくると、招集がかかります。ゼッケン番号順に並んで、ゼッケン番号を呼ばれるので返事します。

何度出場しても、今だにスイムは恐怖を感じます。やっぱ、出なけりゃよかった… という弱気な気持ちが出てきます。そして、いよいよスタート。

スイム

スイムは海水に膝まで入った状態からのスタートです。ウェーブスタートではなく、みんなで一斉にスタートします。

ロングのスイムは三角形に配置されたブイを反時計回りに2周します。

まずはオレンジのブイを目指して、沖に泳ぎ…

オレンジのブイを越えたら、右にターン。黄色いブイを目指します。

黄色いブイを周って、次は沖にあるブイを目指します。

見た目では分からなかったんですが、結構波を感じました。特にこの沖のブイを目指して泳いでいるときは、ちょうど息継ぎしたときに波が来るので、ちょっと怖かったです。

で、ここでトラブル発生。異常に息苦しい、ちょっとやばい!すぐに平泳ぎに切り替えます。息が上がってハアハアしてます。ウェットスーツのチャックを下ろして緩めますが、回復しません。何とかクロールで泳ごうとすると、やっぱり苦しくてダメ。クロールでひとかきしては、平泳ぎになり、をしばらく繰り返します。

で、結局顔出したまま平泳ぎでブイを目指すことにしました。もちろん遅い…

沖のブイを周った後は、砂浜に向かって泳ぎます。

砂浜に向かって泳ぐのは、波が後押ししてくれるのもあって楽に泳げます。かなりゆっくりと、ペースを落としてクロールに戻すと、なんとか大丈夫でした。もう今日はゆっくり泳ぎます。いや~、死ぬかと思った。

最初に周ったオレンジのブイを過ぎたら、今度は左にターンしてもう一周です。

2周目はゆっくりと泳いだこともあってか、1周目のような苦しさはありませんでした。何だったんだろう…水温のせい?

2周したら砂浜にあがり、ネットの間を通って遊歩道に出て右に曲がり、トランジションエリアに向かいます。何とか無事泳ぎ切りました。

ラン

ランは1周2.5kmを4周回です。

まずはトランジションで着替えます。

着替えが終わったら、西に向かって走ります。すぐに折り返して、今来た道を戻ります。

再びトランジションエリアに戻ってくると、松林の中を通って、さらに東に向かいます。

室見川に突き当たった後は、南に折れてしばらく走り、折り返して再びスタート地点に戻ります。

これで1周2.5km。

いつもアクアスロンの時は、最初無理してキロ4分ペースで飛ばして、すぐに落ちてくるのですが、今回は最初からキロ4:30で走ります。今日は何か…調子いい!息が上がりません。

しばらくしたら落ちるかな?と思いつつ走りますが、やっぱり息が上がらない。快調です。2周しても3周しても息が上がらない。さっきのスイムとはえらい違いです。そして最後の4周目、最後の直線はラストスパートする余裕もありました。

結局、最後までほぼ同じペースを保つことができました。しかもそんなにきつくない!GWに自転車乗りまくったのがよかったのか?

レース後

今回の大会は、来月末の福岡トライアスロンの練習との位置づけだったのですが、出てよかったです。思ったよりかは走れたので、自信になりました。ただスイムでは散々な目にあったので、次回はペースを落としてゆっくり泳ごうと思います。

初めて出た大会でしたが、大会自体は、きちんとした大会、というよりかはちょっと緩めな感じで、練習会的な雰囲気の大会でした。

走る場所は一般の通行人も多く、道もそれほど広くないので、ぶつからないように気を付けて走る必要があります。

景色は…いいとは思いますが、何もないといえば、何もないですね。マリノアや百道浜が近くなので、帰りはそちらによっていくのもいいかもしれません。まあ、百道浜も特に何かがあるわけではありませんが、でも観光客は多いんですよね…

そういえば、ももち浜アクアスロンは今年はG20の関係で開催されないそうですね。残念。